さようなら、私 (幻冬舎文庫)

3.22
  • (25)
  • (102)
  • (216)
  • (48)
  • (8)
本棚登録 : 1256
レビュー : 159
著者 :
hetarebooksさん ワケあり。   読み終わった 

今期ドラマの原作と勘違いしたけど、あちらは岡田惠和さんの「さよなら私」でした。。

モンゴル、カナダ、おっぱいの森。
仕事のこと、不倫や実母との確執、トラウマ、最愛の我が子の死 等色んなものを抱えた女たちが、非日常空間の中で次第に癒され、ほぐれていく。。

そう言えば中学時代の恩師は、遊びに行ったモンゴルで遊牧民と恋に落ち、結婚。自身も遊牧民になると決めてモンゴルに移り住んだのでした。「住所不定、無職になるので手紙は届かないけど」と豪快に笑いながら学校を去った姿が忘れられません。すごい決断だ・・・。

レビュー投稿日
2014年11月5日
読了日
2014年11月5日
本棚登録日
2014年10月28日
11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さようなら、私 (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『さようなら、私 (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする