贖罪 (双葉文庫)

3.60
  • (413)
  • (1321)
  • (1204)
  • (194)
  • (31)
本棚登録 : 9984
レビュー : 965
著者 :
hetarebooksさん 悪い女。   読み終わった 

学校に現れた作業着姿の男。見知らぬ大人にも警戒することのない人懐こい少女たち。一人が連れて行かれ、いたずらされ、変わり果てた姿で見つかった。

都会から来たお金持ちの美少女エリカの事件は、彼女と一緒に遊んでいた4人の少女の運命にも暗い影を落とすこととなった・・・。

捕まらない犯人を恐れ、大人になったら殺されると自己暗示をかけるうち、25歳を過ぎても初潮を迎えない女

その後の捜査にも役立てず、エリカの母親になじられたことから存在価値を見失い、償いのために教師になった女

可愛いものに憧れながらもそれが似合わない外見に過度のコンプレックスを抱く女

病弱な姉に母を独占され、構ってもらえない寂しさから警察官に憧れた女

田舎に馴染めず、愛娘も失い、少女たちに呪いのような言葉を投げてしまう女

救われない女たちの悲劇と男たちの異常性、やっぱり・・・後味悪いのが湊さんだなぁ。。

レビュー投稿日
2014年7月7日
読了日
2014年7月7日
本棚登録日
2014年6月25日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『贖罪 (双葉文庫)』のレビューをもっとみる

『贖罪 (双葉文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする