僕は、そして僕たちはどう生きるか

4.06
  • (187)
  • (179)
  • (98)
  • (18)
  • (8)
本棚登録 : 1469
レビュー : 274
著者 :
hetarebooksさん 人生論。   読み終わった 

梨木さんのファンタジーの凛とした強さが大好きなのだけれど。これはなんと言うのだろう…一応はフィクションの形をとっているけど。

14歳のコペルくん、訳あって一人暮らし。叔父のノボちゃん(染色家)と材料採集のため、登校拒否中の友達 ユージンの家の庭に入らせてもらうことになり…

草木染め、野草摘み、カニムシなど微小な生き物たちなど、梨木さんらしい要素がふんだんに盛り込まれている。
スベリヒユのベーコン炒め、ウコギご飯、ヨモギ団子のところなんかわくわくしてしまう。

でもこの本のテーマはもっと重たくて、集団の心理だったり、自分の意見を言えなくなる恐ろしさだったりする。
ユージン宅の敷地内に隠れ住むインジャ、彼女にその場所を提供したショウコ。大人の巧妙な罠にかかり、追い詰められたインジャや、教師にのせられてしまう生徒の群れ、ペットとして可愛がってきたコッコちゃんを犠牲にしなければいけなかったユージン。

面白かった、とか感動した、という感想はないのだけれど読んで良かった。
それはおかしいと思ったとき、誰かが傷つけられそうになっているとき、私は集団心理に飲み込まれずにいられるだろうか。自分を持っていたい。

レビュー投稿日
2013年3月19日
読了日
2013年3月19日
本棚登録日
2013年3月19日
11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』のレビューをもっとみる

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』にhetarebooksさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする