2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!

3.48
  • (6)
  • (16)
  • (16)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 209
レビュー : 24
制作 : 林 昌宏 
hibiscumさん 読んだ本   読み終わった 

 ジャック・アタリが天才だからだろうが、現在の状況やら分析やらがどんどん押し寄せてきて、のどに詰まって飲み込めないといった感じである。結論も分析の続きのようで、なんでそのような結論が導かれたのかいまいち消化不十分である。
 世界全体で見れば生活水準は上がり技術は進歩し順調に見える反面、富の偏在や気候変動などの環境悪化、保護主義化や原理主義者の台頭などの混乱要因があり、2030年には大混乱になるだろう、という議論である。現在の状況なり課題が勢ぞろいでまとめてある。
 結論として、それを阻止するためにみんなが行動する必要があり、国連に機関を設立しろとか世界通貨を導入しろとか10項目を提案している。普通の人なら数冊以上の本になるような内容を凝縮して書いている感じである。
 本書を読んでなるほどと理解納得し、ジャックアタリが期待するような行動を取れる人が一体どれだけいるだろうか?私の読解力がないだけかもしれないけど…。

 

レビュー投稿日
2018年1月16日
読了日
2018年1月15日
本棚登録日
2018年1月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『2030年ジャック・アタリの未来予測 ―...』のレビューをもっとみる

『2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする