スティーブ・ジョブズ I

4.06
  • (660)
  • (742)
  • (400)
  • (61)
  • (9)
本棚登録 : 6218
レビュー : 658
制作 : 井口 耕二 
hidebo1225さん honto BOOK   読み終わった 

上巻の読了が下巻の配信(11月1日15時)にぎりぎり間に合った。
これまでの本人未承認の(伝記のような)書籍とは一線を画し、記載内容がとても深くてリアリティがあると思う。1970年代後半から80年代前半のマイコンブームで起きた事実、Windows、OS/2、NeXTに関してこれまで語られていることや、2005年のスタンフォード大学でのスピーチと照らし合わせて読むと、ジョブズの視点、アップルの視点、アップルを取り巻く外部環境からの視点の3つから事実を観ることができ、これまで外面的に語られてきた出来事の背景がより深く理解でき大変興味深い。
また、特にジャン=ルイ・ガセーについては、BeOSの開発者としてこれまで捉えていたが、Mac事業部門を統括していたジョブズが追い出されたあとの後任であった上に、Mac OS Xにつながる後継OS選定(NEXTSTEPかBeOSか)時の負けっぷりからも、ジョブズとの明暗の対比が鋭角的に描かれており、後継OS選定時のPC雑誌の記事をリアルタイムで読んでいた記憶と照らし合わせると、これまた大変感慨深い。
パーソナルコンピュータを、その成立の背景を深く理解しながら一連の歴史として理解できる貴重な一冊であると思う。

レビュー投稿日
2011年10月31日
読了日
2011年10月31日
本棚登録日
2011年10月31日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スティーブ・ジョブズ I』のレビューをもっとみる

『スティーブ・ジョブズ I』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする