せつえい 森山文切川柳句集

5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
著者 :
ひでくすさん  未設定  読み終わった 

【10句選】
雇い止めされても着火剤のまま
北九州でしか努力は実らない
おじいさんの目が日に日に青くなる
ゴーヤーが眩しくなって梅雨明ける
行きずりの女とカステラの話
祖父はくるしいと書いたのだと思う
豆ひとつには広すぎるわたしの手
落ち込んでいる日は難しい右折
死にたての姿に戻される魚
わたあめのなかでわたしだけのまつり

レビュー投稿日
2020年4月10日
読了日
2020年4月10日
本棚登録日
2020年4月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『せつえい 森山文切川柳句集』のレビューをもっとみる

『せつえい 森山文切川柳句集』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『せつえい 森山文切川柳句集』にひでくすさんがつけたタグ

ツイートする