江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者 (光文社文庫)

3.76
  • (103)
  • (80)
  • (174)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 821
レビュー : 85
著者 :
ひでぽんZさん  未設定  読み終わった 

乱歩の初期の作品集。独特の世界観と大正から昭和初期の仮名遣いがなんだかここちよかった。
短編集ながら色々考えて作り込んでいるのが凄いと思った。
特に二銭銅貨と人間椅子が良かった。あと接吻の最後に書かれていた男というものは陰険に見えても性根はお人好し、女は何も知らないねんねえの様でも心の底には生まれつき陰険が巣食っているというところになんだかうなづけた。

レビュー投稿日
2019年2月21日
読了日
2019年2月21日
本棚登録日
2019年2月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者 ...』のレビューをもっとみる

『江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者 (光文社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする