辞書になった男 ケンボー先生と山田先生

4.15
  • (62)
  • (66)
  • (23)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 551
レビュー : 76
著者 :
hifumi1232001jpさん  未設定  読み終わった 

リアル「舟を編む」でした。編集者が語釈を書く小説および映画のシーンは岩波書店の独特の風習だそうです。三浦しをんさんの取材先がたまたま岩波書店だったからとのこと。ケンボー先生の用例採集の情熱、山田先生の語釈のユニークさからも、辞書が手作りであるがゆえに使うひとたちが期待する何か完璧なものであること以上に、個性的なものであるなと思いました。「ことば」そのものがうつろいやすく、伝える役割を果たしたり、限られたひとにしか伝わらなくて良いという役割をもったりするのにもかかわらず、辞書に落とし込むことの難しさを知りました。

レビュー投稿日
2014年5月6日
読了日
2014年5月4日
本棚登録日
2014年4月29日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』のレビューをもっとみる

『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする