韓国文学を旅する60章 (エリア・スタディーズ)

制作 : 波田野節子  斎藤真理子  きむふな 
  • 明石書店 (2020年12月18日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
感想 : 7

最近はK文学を好んで読んでいるもののこの本の章立てでいう「今日の韓国文学(民主化以降1990年代〜)」にくくられる作家がほとんどでした。その前の「独裁政権と産業化の時代(1960年代〜)」はチョ・セヒ作品より先に映画タクシードライバーを観て知り、まだまだK文学を時代区分ごとに読むには先が長いと思い知ることになりました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年3月20日
読了日 : 2021年3月7日
本棚登録日 : 2021年3月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする