落語家魂! - 爆笑派・柳家権太楼の了見 (単行本)

4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 4
著者 :
制作 : 長井 好弘 
higetanさん 本・雑誌   読み終わった 

落語家・柳家権太楼,半生を語る。子どもの頃から落語に親しみ,明治学院大学を卒業後柳家つばめに入門するも師匠は早世,小さん門下に移籍,テレビなどの営業仕事は多くも寄席では仕事がないなど苦労するも(新人落語大賞にエントリーした際,小さんから「ええっ,お前,落語できるのか!」と驚かれたそうな。ちなみにこの回優勝は春風亭小朝で権太楼は2位),三崎千恵子,高橋義孝,広瀬久美子などの落語界以外の人々からも愛されたのは権太楼の人柄か。朝の散歩,帰り道などを歩きながら練習する(高座でしくじった際には,家まで歩いてさらい直し),新しいネタを勉強するときにはレパートリーにしている噺家をリストアップし,片っ端から音源を聞きまくるなど,練習の虫なのです。自身の十八番(+2席)についてのこだわりの解説もあり。病気も経て71歳,まだまだ元気にご活躍なさることをお祈りします。

レビュー投稿日
2018年10月17日
読了日
2018年7月4日
本棚登録日
2018年10月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『落語家魂! - 爆笑派・柳家権太楼の了見...』のレビューをもっとみる

『落語家魂! - 爆笑派・柳家権太楼の了見 (単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『落語家魂! - 爆笑派・柳家権太楼の了見 (単行本)』にhigetanさんがつけたタグ

ツイートする