辞書になった男 ケンボー先生と山田先生 (文春文庫)

4.43
  • (14)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 20
著者 :
higetanさん  未設定  読み終わった 

興奮をもって読んだ。三省堂国語辞典・新明解国語辞典それぞれの主幹編集者・見坊豪紀と山田忠雄。見坊は145万にも及ぶ用例採取で,山田はその独特な語釈で知られる。2人は元は明解国語辞典をともに作ってきた間柄であったが,あることをきっかけに決裂しそれぞれ三国・新解という2つの国民的辞書を生み出した。この本はテレビ番組制作を機に行った関係者・家族への取材を元に,2辞書の歴史,決裂の事情とその後を物語る。国語辞典のあるべき姿についての主張,スタイルの違いはあるものの,仕事に対する思いは執念ともいうべきあついものであった。

レビュー投稿日
2019年1月15日
読了日
2019年1月14日
本棚登録日
2018年12月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生 ...』のレビューをもっとみる

『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする