夜カフェ(6) (講談社青い鳥文庫)

著者 :
  • 講談社 (2020年5月13日発売)
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 3
5

家を飛び出して叔母のところで暮らす中学2年生の花美(ハナビ)

みんなで集まってごはんを食べる「夜カフェ」を仲良しの星空(ティナ)たちと始め、「夜カフェ 中学生ナイト」も軌道に乗っている

そんなハナビにうれしい知らせがとどく
大好きなヤマト君が一時帰国することに

クリスマスをいっしょにすごせる!

有頂天になったのもつかのま
ヤマト君が連れてきた幼なじみのアンナちゃんを中心にカフェが動きだし
ハナビは居場所がなくなってしまう

そしてとうとう
「べつに、どこだっていいでしょ!」
口からきつい言葉がこぼれ、カフェを飛び出してしまった……

青い鳥文庫『いちご』『青い天使』『パセリ伝説』などで高学年から中学生の女の子に絶大な人気を誇る倉橋燿子の新シリーズ第6弾

《この本が出るころには、日本や世界に、少しでも希望が見えていますように。
 心からの祈りを込めて──。》──「あとがき」より

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ひげうさぎ文庫
感想投稿日 : 2020年5月26日
読了日 : 2020年5月25日
本棚登録日 : 2020年5月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする