大量生産品のデザイン論 経済と文化を分けない思考 (PHP新書)

3.63
  • (6)
  • (10)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 8
著者 :
ひげうさぎさん ひげうさぎ文庫プラス   読み終わった 

ロッテの「クールミントガム」、明治の「おいしい牛乳」など大量生産品のデザインにかかわってきた著者によるデザイン論

  「デザイン=特別なもの」ではない
  価値はデザインが与えるものではなく引き出すもの
  自分を表現することよりもそれを「どう伝えるか」が大切
  作家性でなく無名性に軸足を置く
  デザインとは「気を遣う」こと

クライアントといっしょに商品の魅力を引き出していくデザイナーの現場が追体験できる一書

《その思考とプロセスは、モノづくりにかかわるすべての人に共感をもって読まれるに違いない。》──カバー内容紹介

レビュー投稿日
2018年1月26日
読了日
2018年1月24日
本棚登録日
2018年1月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『大量生産品のデザイン論 経済と文化を分け...』のレビューをもっとみる

『大量生産品のデザイン論 経済と文化を分けない思考 (PHP新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする