そしてぼくらは仲間になった

4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
ひげうさぎさん ひげうさぎ文庫   読み終わった 

『それいけズッコケ三人組』(1978年)にはじまるシリーズ全50巻、子どもたちに絶大な人気を誇った「ズッコケ三人組」で育った若い作家たちが“つぎの三人組”を描いたアンソロジー

《「ズッコケ三人組」シリーズ40周年記念企画》

いずれの作品もユニークな三人組が登場しますが、いちばんうれしかったのは、どの三人組にもリーダーがいないことです。彼らや彼女たちは、結構わがままなのに、いざというときには協力して事件を解決したり、目的を達成します。実はこれこそがわたしの描いてきた「三人組」の核心といっても過言ではありません。──解説「新たな三人組にカンパイ」那須正幹より

正統派三人組、見ず知らずのゲーム友だち三人組、ロボットをまじえた三人組……いずれ劣らぬユニークな三人組の中から“つぎの三人組”が生まれるか

レビュー投稿日
2018年12月27日
読了日
2018年12月23日
本棚登録日
2018年12月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『そしてぼくらは仲間になった』のレビューをもっとみる

『そしてぼくらは仲間になった』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする