車輪の下 (集英社文庫)

3.53
  • (54)
  • (77)
  • (161)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 810
レビュー : 84
制作 : 井上 正蔵 
いぎーたさん 小説・その他   読み終わった 

読み比べて井上訳を購入。精彩な自然描写が趣を深めるこの物語は、小さな町で育った秀才の少年が、牧師への道を約束された神学校に優秀な成績で入学するも、心と体のバランスを崩して退学し、休養中に失恋も経て、鍛冶職人への道を歩み始めるも、休日に仲間と飲み過ぎて川に流された、という話。勤勉な彼は思春期を迎え、ありありと敏感過ぎる程に感じられ始めた生と、空疎な机上の学問とに引き裂かれてしまった。再生を試みるも、繰り返しの日々が待ち受ける未来展望に絶望し死に至ったのだと解釈した。賞味期限を過ぎてしまうと味わえない、もしくは味気なくなる経験が人生にはある。私の人生には忘れ物が多いかもしれない。だからこそ、今を大切に生きたいと思った。

レビュー投稿日
2016年11月14日
読了日
2016年11月14日
本棚登録日
2016年11月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『車輪の下 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『車輪の下 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『車輪の下 (集英社文庫)』にいぎーたさんがつけたタグ

ツイートする