氷菓 (角川文庫)

3.57
  • (877)
  • (1798)
  • (2052)
  • (402)
  • (93)
本棚登録 : 13129
レビュー : 1687
著者 :
制作 : 上杉 久代  清水 厚 
hiironoshishiさん  未設定  読み終わった 

一つ言及するなら、奉太郎は「省エネ主義」であって、無気力なわけでもないし、物事に無関心なのでもない。
端的にいうと、そういう人間は自ら孤立を望むはずだからだ。

その省エネライフに春風を届けたのが、我らがちーちゃんこと千反田える孃。

この作品は、ミステリ(それもライト)モノと捉われがちだが、れっきとした青春エンタであると思うのですよ。

実際、ちーちゃんによって、(だけではないが)奉太郎は徐々に行動も感情も変化させていく。

人を変えられるのは出会いによるモノが多い、とは本当の事ですから。

レビュー投稿日
2013年3月3日
読了日
-
本棚登録日
2013年3月3日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『氷菓 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『氷菓 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『氷菓 (角川文庫)』にhiironoshishiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする