コンビニ人間 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋 (2018年9月4日発売)
3.66
  • (1136)
  • (2144)
  • (1762)
  • (455)
  • (125)
本棚登録 : 21567
感想 : 2175
5

共感がありすぎることにヤバさを感じてしまった。
まあでも、これが芥川賞をとるということは、多かれ少なかれみんな生きづらさを感じながらムラに合わせて生きてるんだろうなあ。村八分なんて言葉があるこの国では特に。

とは言え、騒ぎを止めるためにスコップで殴り、赤ちゃんを鎮めるのにナイフを使えば簡単なのに、と思うとこまで行くとさすがにサイコパスなんだよなあ… でも、これは「治る」と考えるべきことなのか、そういう風に思う以上、個性なんじゃないのか、それを一般的な型にハメることは白羽さんの言う通り縄文時代の考え方なんじゃないか、など、無駄に考えさせられた。
自分も、そのへんの線引きはお互い干渉しなきゃどうでもええやんけ、ほっとけや。と思うほうなので、正直そこを考えることは無駄な時間なのである。
ただ、残念なことに、自分は何人間なのか、今の所分かってないので、ムラに紛れて目立たず暮らすしかないのだが。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2019年12月7日
読了日 : 2019年12月7日
本棚登録日 : 2019年12月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする