家守綺譚 (新潮文庫)

4.15
  • (1269)
  • (764)
  • (723)
  • (47)
  • (13)
本棚登録 : 6344
レビュー : 934
著者 :
ひかるさん 小説:な〜は行の作家   読み終わった 

全体に霧に包まれたようなボーッとした雰囲気なんだけど、最後の征四郎の一言で、その霧がスカッと晴れたような気がしました。あの7行を読んだ時、この本読んでよかったって、はっきりと思いました。

レビュー投稿日
2014年2月28日
読了日
2014年2月28日
本棚登録日
2014年2月28日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『家守綺譚 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『家守綺譚 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする