全学連と全共闘: 戦後学生運動の軌跡 (講談社現代新書 771)

著者 :
  • 講談社 (1985年4月1日発売)
2.78
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 41
感想 : 2

発行年位の時にたまたま書店で見つけて購入した本。

全学連・全共闘の歴史の流れで分派などの流れがよくわかった。今となっては、戦後なぜあのような大衆運動があったのかわからないほど世界は変化してしまったが、その流れを追うには良い本だと思う。編者は朝日新聞記者であり、そのようなバイアスがかかっているのは仕方ない。

しかし当時の新書は文字は小さいし、紙は悪いし、いろいろな意味でそんなことにもびっくりする本だった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 歴史・地理
感想投稿日 : 2013年4月25日
読了日 : 2013年4月25日
本棚登録日 : 2013年4月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする