非選抜アイドル (小学館101新書)

3.75
  • (42)
  • (68)
  • (69)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 468
レビュー : 88
水源地さん 社会学   読み終わった 

読みやすい文章と分量で、1時間くらいで読了。

2014年現在では、AKBを卒業して声優とプリキュアの主題歌を歌っている彼女。確かに一歩ずつでも夢をかなえているように見える。

 日の当たるアイドルという職業でも、あれだけの大所帯であれば当然日が当たりにくいメンバーもいる。そんな彼女の生い立ち、運の良さで受かったようなAKB入り、数々の苦手なことを諦め、1つ1つコツコツとうさぎと亀でいえば、亀のような努力で夢をつかんでいく様子が彼女の言葉からわかった。

人間、寝たらすぐ忘れること、人生の逆境は肥やしになることを彼女の人生から学びました。なかなかポジティブには生きられない人も、1つずつ努力することを忘れないようにしたいと改めて感じました。

レビュー投稿日
2014年2月28日
読了日
2014年2月28日
本棚登録日
2014年2月24日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『非選抜アイドル (小学館101新書)』のレビューをもっとみる

『非選抜アイドル (小学館101新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『非選抜アイドル (小学館101新書)』に水源地さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする