図書館危機 図書館戦争シリーズ (3) (角川文庫)

4.35
  • (2468)
  • (1787)
  • (593)
  • (53)
  • (12)
本棚登録 : 15560
レビュー : 927
著者 :
制作 : 徒花 スクモ 
hikoさん 小説   読み終わった 

毬江ちゃんの再登場に嬉しくもあり、同じ女性として犯人に憤りを感じたり。自分の本心を考えて悩む郁を応援したり、キュンとしたり、表現規制問題を考えたり。
両親の確執問題に共感したり、1巻を彷彿させる武器抗争、稲嶺司令の勇退への流れに涙したり…。
自分の頭がオーバーヒートしてもおかしくないぐらい、怒涛の展開で大満足★5つです!
キャラクター的には、真面目ロボットだった手塚に人間味が出てきたなぁ…と、可愛いさを覚えました。柴崎様々ですね(笑)

レビュー投稿日
2013年5月12日
読了日
2013年5月12日
本棚登録日
2013年4月22日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『図書館危機 図書館戦争シリーズ (3) ...』のレビューをもっとみる

『図書館危機 図書館戦争シリーズ (3) (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする