ぼくが絵本作家になったわけ: ビル・ピート自伝

  • あすなろ書房 (1993年2月1日発売)
3.63
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 5

僕が絵本作家になったわけ
アメリカの絵本作家であるビル・ピートさんの半生を描いた作品。絵が好きで幼少期から絵ばかり描きつづけてきたビル。大人になりディズニー・スタジオに就職します。そこからディズニーと喧嘩別れをして、スタジオを飛び出し、結婚をして絵本作家になるまでを彼の挿絵とともに綴っています。
感想
この本は絵本のように挿絵が全ページに描かれています。あるひとりの男性が彼の夢である絵本作家になるまでの人生が丁寧に綴られています。読み終えたは印象は「大人に贈るための絵本」だということです。有名人の伝記は数多くありますが、ビル・ピートさんのようにこどもにも大人にもわかりやく絵本調で綴った本は珍しいのではないでしょうか。彼の絵に対する情熱や、彼を取り巻く登場人物の想いがたっぷりと詰まっていて感動しました。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2019年10月2日
本棚登録日 : 2019年10月2日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする