卍(まんじ) (新潮文庫)

3.57
  • (140)
  • (234)
  • (440)
  • (29)
  • (2)
本棚登録 : 2212
レビュー : 240
著者 :
姫草ユリ子さん  未設定  読み終わった 

最初はいたずら心から始まった同性愛ごっこがやがて三角関係になり、四角関係になり、破綻するまで。

綿貫さん最初は普通の人かと思っていたのに、豹変しましたね。それはお梅さんも同じ。光子も同じ。

お互いを狂ったように求める愛と言うのはとても情熱的で頭がぼーっとするようにのめり込むものなのだろうけど、その結末として一人残されるというのはどういう気分だろうか。

段々と登場人物が正気をなくしていく姿が生々しく描かれています。恋にのめり込む人ほどこういう傾向が強いのかしら。ちょっと怖い。

レビュー投稿日
2014年6月10日
読了日
2014年6月10日
本棚登録日
2014年6月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『卍(まんじ) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする