風味絶佳

3.39
  • (128)
  • (290)
  • (742)
  • (46)
  • (12)
本棚登録 : 1913
レビュー : 390
著者 :
姫草ユリ子さん  未設定  読み終わった 

「思いを馳せる過去は、既に何かを失っているからだ」心に響きます。何かの本で「青春とは何かを失っていく事だ」と読んだ事がありますが、こっちの言葉もいいな。”間食”の主人公はどうしようもないクズ男だな。誰もが愛されたいと願っていて、ちょっと切ない。あと、グランマはいい女。

レビュー投稿日
2014年4月27日
読了日
2013年7月29日
本棚登録日
2014年4月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『風味絶佳』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする