赤いろうそくと人魚

3.48
  • (4)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 54
レビュー : 9
著者 :
姫草ユリ子さん  未設定  読み終わった 

短いけれど怖い。
ひたひたとすり寄るような恐怖。

人間に育てられた人魚の少女。彼女蝋燭に書いた絵が評判になるのだけれど、欲にかられた育ての老夫婦は少女を売り飛ばしてしまう。

その後、彼女の故郷では赤い蝋燭が供えられると、海が荒れるという災難に見舞われる。

これはなんと悲しい物語。
「人間とは良いものだ」と思ってくれた人魚のお母さんに申し訳ない気持ちになった。

レビュー投稿日
2015年9月23日
読了日
2015年9月14日
本棚登録日
2015年9月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『赤いろうそくと人魚』のレビューをもっとみる

ツイートする