北原白秋歌集 (岩波文庫 緑 48-4)

著者 :
制作 : 高野公彦 
  • 岩波書店 (1999年5月17日発売)
3.82
  • (12)
  • (9)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 206
感想 : 13
3

「草わかば色鉛筆の赤き粉のちるがいとしく寝て削るなり」
が中学の国語便覧に載っていて、緑と赤のコントラストが何て鮮やかで綺麗なんだろうと思い、ずっと心に残っていました。

短歌の本を色々読んでいくなかで「君かへす朝の敷石さくさくと雪よ林檎の香のごとくふれ」に出会い、この歌集を読んでみようと思いました。

五感に訴えかける美しい歌がたくさんありました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 歌集
感想投稿日 : 2021年3月20日
読了日 : 2021年1月17日
本棚登録日 : 2021年3月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする