電車屋赤城 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2012年2月25日発売)
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 1
4

普段目にすることのない電車整備の現場。
その現場で働く人々の悲喜交々な姿が活き活きと描かれています。
この小説を読んで、プロフェッショナルの素晴らしさに感銘を覚えました。
汗と油にまみれ、地味ながらも自らの仕事に矜持を持って働く人々。
彼等が居てこその安全安心なんだなぁとつくづく実感させられます。
たとえ古いものから新しいものへと移り変わっても、彼等の技術と精神をずっと継承していって欲しいものです。
この話を読んだ後、表紙の電車君がしみじみ愛おしくなりましたよ(^o^)

物語についてですが、ちょっとベタ過ぎるかな……と思わないでもないですが、地味な現場を多くの人に知って貰う為には、これぐらい分かり易い話の方がいいのかも。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ■ 小説
感想投稿日 : 2014年2月9日
読了日 : 2014年2月9日
本棚登録日 : 2014年2月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする