ファミ通と僕 2000-2002 (ファミ通BOOKS)

3.70
  • (12)
  • (21)
  • (18)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 164
レビュー : 11
著者 :
Holonさん ゲーム   読み終わった 

恥ずかしながら…やっと読み終わりました!!前のコラム本に触発されて、ゲームを久しぶりにね。言い訳良いですね。まぁ〜このおぅ日本列島改造論!もぅ、良いから、こういう流れ、もぅ、良いから!前に進めよ!感想スペース無くなちゃうよ。
いゃ、でも、そのお蔭で最新のパワプロの近況知る事出来たし…。しかし、酷いね。昔なんてゲーセン行ったら如何に少額でゲームを続けられるかだったのに…。
課金の有意義性とゲーマの嗜み方のベクトルがズレている感じを受ける。ゲームは金儲けの為のツールじゃなくて、如何に楽しんで貰える為にあるんじゃないのか?色々犠牲にして、情熱を注いでいるんだし…まぁ、事情があるとは思うが、何だかなぁ。
ラジオのコーナー「久夛ちゃんこれで儲かるよ」が現実味を帯び始めている事に辟易ですよ。

それと、また横道にそれるが、荒川の同郷的な意味で叶うことなら石塚2祐子先生との対談を見たい。
もっと叶うことならヒラコーの対談も見たい。ヒラコーの場合は、ゲームというよりは、足立区についての話をして欲しいです(笑)

全然内容触れてないけど良いのか(笑)
内容は…ゲームは何だかかんだ言ってやはり良いものですね。ノスタルジックにさせるね。以上。また来世。

レビュー投稿日
2013年10月27日
読了日
2013年10月27日
本棚登録日
2013年8月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファミ通と僕 2000-2002 (ファ...』のレビューをもっとみる

ツイートする