火の鳥 11 太陽編(中) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店 (1992年12月8日発売)
3.88
  • (56)
  • (46)
  • (74)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 635
感想 : 17
5

僕が初めて読んだ手塚治虫作品は、『火の鳥 異形編』でした。当時小学校低学年だった僕にとっては、『火の鳥』は怖い作品、そして大人の漫画として印象づけられ、その後、そのスケールの大きさに圧倒されながらも読み漁ったものです。

日本人はなぜこんなに漫画が好きなのか、外国人の目には異様にうつるらしい。なぜ外国の人はこれまで漫画を読まずにいたのだろうか。答えの一つは、彼らの国に手塚治虫がいなかったからだ。

1989年2月10日、手塚治虫が亡くなった翌日の朝日新聞・天声人語のこの一節を、彼のライフワークであった『火の鳥』を読み返すたびに思い出します。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: ・手塚治虫
感想投稿日 : 2008年5月20日
本棚登録日 : 2008年5月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする