MASTERキートン (14) (ビッグコミックス)

3.78
  • (66)
  • (33)
  • (101)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 584
レビュー : 8
著者 :
ピヨピヨさん ・浦沢直樹   未設定

本書をきっかけに、僕は考古学(特に本書の物語の核となる「西欧文明ドナウ起源論」)や東西冷戦構造に、一時期かなり興味を持ったものです。主人公の平賀・キートン・太一の経歴、リアルにありえない〜!と思いつつも、格好良いので問題なし(ただし、たまにおっちょこちょい)。友情と愛情が詰まった最終回は特に名作ですね。

浦沢作品の中でも特に人物描写が優れていて、登場人物の誰もが魅力的です。

レビュー投稿日
2009年8月27日
本棚登録日
2009年8月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『MASTERキートン (14) (ビッグ...』のレビューをもっとみる

『MASTERキートン (14) (ビッグコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする