おそ松くん (1) (竹書房文庫)

3.69
  • (3)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 5
著者 :
ピヨピヨさん ・赤塚不二夫   未設定

小学生のとき、父親が初めて僕に買い与えた本は『おそ松くん』でした。本来なら脇役であるはずのイヤミ、チビ太、デカパン、ハタ坊、トト子ちゃん、ダヨーンのおじさん、目ん玉つながりのお巡りさん、ウナギ犬の活躍…。僕はこの作品から「いかに個性が大事であるか」を学びました(というか、彼らに比べたら六つ子は無個性の極み)。そして、僕は特にイヤミとチビ太の掛け合いが大好きでした。

小学校低学年の写真はほぼ100%の勢いで「シェー」のポーズで写っているほど、大きな影響を受けた名作。テレビアニメも、毎週テレビに噛りついて見ていたものです。

レビュー投稿日
2009年8月21日
本棚登録日
2009年8月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おそ松くん (1) (竹書房文庫)』のレビューをもっとみる

『おそ松くん (1) (竹書房文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする