海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

3.65
  • (2337)
  • (3044)
  • (4823)
  • (483)
  • (117)
本棚登録 : 26175
レビュー : 2021
著者 :
hiro-9さん 純文学   読み終わった 

まだ読んでいる途中だけれども、レビューはいつ書いてもいいんじゃないか、という独断によりこれを書く。自分はコンピューター系エンジニアなので、仕事で使う本は正直必要ばところしか見ていない。一方、楽しみで読む本については、じっくりよんでいる。もちらん、この作家については楽しみにすこしづつ読んでいる。この作家に期待しているには結果にどうなるなんてにはどうでもよくって、読んでいる途中で先が想像をこえてまるでみえないけど、期待だけで読めるところが好きである。なぞとき本は結果がよかれあしかれ1つに収れんするけど、この作家はそんなことはおかまいなしに途中がとても楽しめる。ひとがどう言おうとも、自分の読み方はかえることはない。時代も無視である。批判するならどうぞしてくださいである。もったいにのでですこしづつなめるように楽しんでいる。そんな本である、

レビュー投稿日
2019年3月20日
読了日
2019年3月24日
本棚登録日
2019年3月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『海辺のカフカ (上) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『海辺のカフカ (上) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする