ツイッターを持った橋下徹は小泉純一郎を超える

著者 :
  • 講談社 (2012年7月3日発売)
3.53
  • (3)
  • (8)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 47
感想 : 8
5

竹中平蔵や中川秀直などの政務秘書が、橋下徹、小泉純一郎、竹中平蔵、菅直人を比較する形で、近年の政治状況について解説した本である。リアルタイムなので、野次馬的にも面白いが、橋下徹=小泉純一郎+竹中平蔵+α ×=菅直人という構図が面白いし、理解しやすい。αにはTwitterやFacebookが入るのだと思うが、ソーシャルネットワークによって政治は変わるし、変わらなければならないのだと思う。

橋下市長の、「広域行政は世界と競争する共同体、基礎自治体は福祉、医療、教育と言った住民サービスを行う自治体で、支え合いを軸とする共同体である」という考え方は、納得するものであり、相模原市中央区でも実現して行きたいと思う。

また、「無作為に抽出された市民パワー」の件も、相模原では青年会議所から提案されてきたが、実施を前提で考えて行くことをするべきだと思う。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 経済学、社会学
感想投稿日 : 2012年7月28日
読了日 : 2012年7月28日
本棚登録日 : 2012年7月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする