美人論 (朝日文庫 い 45-1)

著者 :
  • 朝日新聞出版 (1995年12月1日発売)
3.36
  • (4)
  • (12)
  • (21)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 165
感想 : 10
3

とってもシンプルな文章なんだけど、どうにも作者の本音が見えてこない。Aと書いてあるけど、Bを主張しようとしているのかな。それとも読者がBと判断するかもしれないけど、実はやっぱりAなんだぜ。と、疑心暗鬼になってしまう。基本、時代の推移とともに美人がどう論じられてきたか、またそれは何故なのかを説いているのだろうけど落とし所が分かりにくい。ま、それが狙いなんだろうし、美人が何かは分からないってことなんだろうね。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年12月12日
読了日 : 2018年12月11日
本棚登録日 : 2018年12月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする