Moby Dick: Or, the Whale

著者 :
  • Penguin Classics (2007年1月25日発売)
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
5

1851年の作品 『白鯨』の中で、著者は海に対しての思いを『海は瞑想の場である.瞑想と水とは永遠の伴侶である.』と表現している.彼は、大学を出ていないため、教養というものにあるコンプレックスを抱いていた。その証拠に、この作品では、鯨の展開図など、鯨に関する研究書的な詳細に多くのページが与えられている。文学に興味がない人にも、エイハブ船長の心情にはなにかしら自己を投影させることができると思う。エイハブ船長のキャラクター設定は実におもしろく、読んでる人を飽きさせない。この作品で先輩作家Hawthorneと共に19世紀を代表する作家としての不動の地位を確立するに至る.実際の交友関係もあり,Melvilleが31歳,一方Hawthorneが46歳の1850年の8月5日にストックブリッジで初めて出会い,数年後ある原因によって交友が途絶えはしたが,MelvilleはHawthorneが1864年5月19日にこの世をさってからも,後者の作品を読み続けたり,文献の注釈をつけることを行うことで,Hawthorneを意識し続けた作家.

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2007年7月1日
本棚登録日 : 2007年7月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする