あなたの明かりが消えること (小学館文庫)

4.13
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 2
著者 :
hiroさん 柴崎竜人   読み終わった 

著名な近代日本画家の来栖現と、一途に彼を支え続ける美しい妻・佳世。家族の枠を超えた大きな愛で人々を包み込む佳世のもとには、いつもたくさんの人が訪れていた。たびたび有名人と浮き名を流す現は、佳世が亡くなった際も旅先から帰らず、連絡すら取れないまま葬儀を欠席する。喪主を務めることになった娘の愛子は、それ以来父親を許すことができず、連絡を絶っていた。ある時、愛子の息子・春也が会ったことのないはずの現と手紙のやり取りをしていることに気づき…。孤独な日本画家と、それを支える一人の女性を描いた、愛しく切ない家族小説。

レビュー投稿日
2017年1月16日
読了日
2017年1月16日
本棚登録日
2016年12月6日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『あなたの明かりが消えること (小学館文庫...』のレビューをもっとみる

『あなたの明かりが消えること (小学館文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『あなたの明かりが消えること (小学館文庫)』にhiroさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする