「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

3.64
  • (37)
  • (107)
  • (90)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 847
レビュー : 95
著者 :
hirocsさん -   読み終わった 

”個人出版された電子書籍『「Chikirinの日記」のつくり方』の紙版。読了して「思考プロセスの記録」をつけていこう、と改めて思った。おかげで、はてなダイアリーからはてなブログに乗り換えるきっかけにもなり、ちきりんさんには感謝!

2015年2月8日を機に、思考プロセスとしてのアウトプットをもっと残していこう。

1ヶ月前に読了してたのだけど、登録していなかったので簡単に…。

<キーフレーズ>
・信用
・何を伝えよう=メディア
・マイルール
・想定読者を絞る
・コンテンツをつなぐアイコン(そんじゃーね)
・ネットの中の人にならない=リアルな社会で耳にしないことは書かない
・サイレント・マジョリティの動向を気にする(PV等)
・ふんばってリピーターをつくる
・思考プロセスの記録
 ※2015やってみよう。まずは週3 (土)午前、(月)朝、(木)朝

<抜き書き>
★ブログを書く時も、「何を書くか」ではなく、「今日は何を伝えようか」が最初に決まります。(p.46)
 ※これ、けっこう大きな違い。「伝える」意識

・結局のところコンテンツ製作者にできることは、そんなものに振り回されることなく、自分の書きたいことを書き続ける、ということしかないのです。(p.54)
 ※そんなもの=どのSNSで話題になるか、どのキュレーションサービスに選んでもらうか

★「Chikirinの日記」想定読者 絞り込みの条件(p.67)
 ・資本主義を信じていて、
 ・社会的な事象やビジネスに関心があり、
 ・既成概念を排し、自由かつオープンに考えることに前向きで、
 ・解を得ることではなく、自分で考えるヒントときっかけを求めている人
 ・難しい問題を考える時にも深刻になりすぎず、ユーモアを理解できる人
 ※ペルソナ、というか、具体的な条件を書き出してみるといいね。

★ふたつの判断基準(p.69)
 個別の取材や執筆依頼を受けるか否かの判断基準は、次の2点に決めました。
 ・時間や手間がかからないか
 ・ブログを読んでほしいと考えている特定の共通点を持つ読者(以下、想定読者)を、どれくらい増やせるか
 ※これを2軸のマトリックスで考えて、受けるかどうかを判断する

・「そんじゃーね」の大きな意味(p.75)

・私が続編的な本を書かないのは、新たなブログ読者を獲得するのに、効率が悪いからです。(p.135)
 ※ぶれない目標!(p.69との関連)

★「考える」とはインプットをアウトプットに変換するプロセスのことです。その変換プロセス(思考プロセス)をビビッドに記録しておけること、読者の方にも見ていただけること、これが、私がインタビュー型の連載エントリを気に入っている理由です。(p.142)
 ※これが本当の「考える」こと。公私ともにさらに身に付けていきたい。



<きっかけ>
 個人ブログの今後についてのヒントを得るために。”

レビュー投稿日
2019年8月15日
読了日
2015年1月3日
本棚登録日
2019年8月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「自分メディア」はこう作る! 大人気ブロ...』のレビューをもっとみる

『「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記』にhirocsさんがつけたタグ

ちきりんの作品一覧

ちきりんの作品ランキング・新刊情報

ツイートする