消費社会の神話と構造 普及版

3.70
  • (38)
  • (41)
  • (75)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 661
レビュー : 37
制作 : Jean Baudrillard  今村 仁司  塚原 史 
hiromituさん 社会学   読み終わった 

斜め読み。
あまりにも有名な消費社会批判。

ずっと前に読んでいたときは、いまいちよくわからなかったけれども、今回はそれなりに勉強になるなと思いながら読めた。同じことを何度も何度も繰り返し言及している。

現代社会=消費を基調とする社会においては、我々はモノそれ自体を消費しているわけではなく、記号(の差異)=観念を消費しているに過ぎない。だから、一見、モノが溢れているように思える消費社会においては、実はモノの欠乏こそが本質的状況であって、記号=観念が氾濫しているに過ぎない。

広告的言説はまさしくこの記号を生産し、再生産していく言説装置として存立しているみたいな。

後半、もうちょっとちゃんと読み直す。

レビュー投稿日
2012年2月28日
読了日
2012年2月29日
本棚登録日
2012年2月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『消費社会の神話と構造 普及版』のレビューをもっとみる

『消費社会の神話と構造 普及版』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする