小沢一郎は背広を着たゴロツキである。

3.40
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 57
レビュー : 12
著者 :
hiro_copさん 政治家   読み終わった 

西部氏の書を初めて読んだ(雑誌の論説は別とする)が、本一冊西部氏だと食傷気味。

そもそも経済学的思考が嫌い…というか苦手なのだろう。
一部の人が引っ張って便利になったおこぼれながらも他の人も便利になっていく生活より、皆が不便なままでいる方がよいと言っている。
彼の考え方はイスラムに似ていると思う。ある基本の思想がベースに存在し、それをベースにして行政や国民の行動は制限されるべきであると。

そして、彼は自分が正解を持っているからという自信を以て政治家を見下す。その行為自体は痛快ではあるものの、ベースとする思想に違和感があると首肯できない。

西部氏と意見が衝突しない人には楽しいのかも知れないが、経済学の肯定・否定という基本的なところで衝突を行っている私には難しかったようだ。

レビュー投稿日
2010年8月2日
読了日
2010年8月2日
本棚登録日
2010年8月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小沢一郎は背広を着たゴロツキである。』のレビューをもっとみる

『小沢一郎は背広を着たゴロツキである。』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『小沢一郎は背広を着たゴロツキである。』にhiro_copさんがつけたタグ

ツイートする