君は、世界を迎え撃つ準備ができているか?

3.79
  • (44)
  • (78)
  • (56)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 607
レビュー : 72
著者 :
斉藤 大翔さん  未設定  読み終わった 

一貫して、様々なことに対して準備をすることが重要であると書かれていた。この1冊で君ワクと同様に全てのことに対してやる気が湧いてきたのだが、特にChapter2のタイムコスト意識を持つことの重要性、世界の宗教や科学に対する知識を付けることが大切であることを説いていた所が強く印象に残った。
タイムコストを意識することで自分の今まで気付かなかった無駄な時間というのを冷静に判断でき、省ける。これは今の自分にとってとても重要だと思う。ここの部分は常に意識しておきたい。
そして、世界の宗教や最先端科学、スマホや様々なテクノロジーに対して知識を蓄えておくことは本当にこれから大切になっていくんだなと痛感した。
本の中で紹介されてるいくつかの文献のなかからいくつか選んで、これらのことに対する知識を少しずつ深めていきたいと思う。
あとはやはり行動するだけ。徐々に徐々に。常に意識しておこう。読んで良かった。

レビュー投稿日
2012年12月19日
読了日
2012年12月19日
本棚登録日
2012年12月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『君は、世界を迎え撃つ準備ができているか?』のレビューをもっとみる

『君は、世界を迎え撃つ準備ができているか?』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする