ゴールデンスランバー (新潮文庫)

4.11
  • (2574)
  • (2727)
  • (1297)
  • (196)
  • (47)
本棚登録 : 22743
レビュー : 1710
著者 :
hiroki2833さん ドキドキする   読み終わった 

「早く、1行でも早く続きを読みたい」という想いに駆られながら一冊を読みきったのは久しぶりの体験だったかもしれない。
首相が衆人環視のなか暗殺され、その犯人に仕立て上げられた主人公・青柳雅春。わけのわからない状況下、あらゆる知恵や勇気を振り絞り、とにかく逃げる、逃げる、逃げる……。
それまでの人生で出会った人たちに様々な形で逃亡の手助けをしてもらい、最後の最後に痛快な結末を迎えられたのも、その人たちに「真犯人ではない」と心から信じてもらえる何かを、青柳が見せてきたからにほかならない。
いや、ディテールを語ることや陳腐な常套句を使った褒め言葉はこの作品には不要だ。「とにかく、ひたすら、めちゃくちゃおもしろい」ということでいいのではないかな?

レビュー投稿日
2013年6月22日
読了日
2013年6月22日
本棚登録日
2013年6月18日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゴールデンスランバー (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ゴールデンスランバー (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ゴールデンスランバー (新潮文庫)』にhiroki2833さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする