変身 (講談社文庫)

3.47
  • (812)
  • (1841)
  • (3035)
  • (418)
  • (73)
本棚登録 : 14502
レビュー : 1416
著者 :
hiromida2さん  未設定  読み終わった 

東野圭吾 著

東野圭吾さん この作家は沢山の本を出しており この本に至っては 遅らばせながら 読んだ作品ですが(結構古い作品)
人気の本も大体 映画になるような…基本 映画にすると また、すごくいい作品になる(私的には「手紙」映画の印象が強く 涙が止まらなかった 俳優さんも上手かったんだろうけど…天空の蜂にしても予知能力に優れ 色んなジャンルに精通してるだなぁ)今回はミステリー かなり不気味で後味悪いものも残ったが…。
東野圭吾のミステリー作品はかなり気味の悪いものと 心に傷を負いながら、人情的に 胸を打つものと両極端な印象が…というか どちらも描ける作家なんだなぁと感心する。
そして、読む側も 好きな作品と何だか面白いけど あんまり感動するような作品じゃないなぁって気分になってしまうものもあり 他の作品も読みたいが 沢山過ぎて どの作品が自分の気持ちにヒットするか?分からない小説を書く作家さんだなぁと思いました。
この作品についても感動はなかったが あり得ないような話なのに 実際にはあるんじゃないか?と思えるほどリアルな感じである何とも言えないシュールな作品だった
「変身」する自分が感じられて 止めれないと感じたら 実際どうする?どうなるんだろう?って自分には判断出来そうにない感情を抱いてしまった。

レビュー投稿日
2018年7月7日
読了日
2018年7月7日
本棚登録日
2018年7月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『変身 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『変身 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする