終末のフール (集英社文庫)

3.61
  • (1503)
  • (3080)
  • (3295)
  • (620)
  • (120)
本棚登録 : 25325
レビュー : 2069
著者 :
hiromida2さん  未設定  読み終わった 

伊坂幸太郎 著
「Today is the first day of the rest of your life」
今日という日は残された日々の最初の一日。
by Charles Dederich

まさに 伊坂さん ならではの作品だと思った
「ヒルズタウン」に住む住人をターゲットにそれぞれの
終末とされてる得体の知れないものに 向かってゆく有様が
八編の中に 上手く収められており 誰とも交わらない個々の人間が 何処かで交錯している
限られた時間を生きてるだけだと分かっていても…いきなり 3年後に小惑星がやって来て地球がなくなるかもしれない ずっと未来を考えてた人間達が 自らでなくて向こうから「死」を 突きつけられたら って究極の問題なんだけど…
今の自分には とても為になった作品だった。
ずっと 「何のために生きてるのか?」を考え続けた日々
究極的には「何で生きるのか?」「いかに生きるのか」
そんな事ばかり考えて生きてた気がするけど…最近の自分は 居直りでもなく 「何のためでもなく もしかしたら 誰のためでもなく…今を生きるだけだと…」と感じてる
生まれた時点から死に向かって限りある時間を生きているだけなのに 死が近づいてると直面すると驚き 狼狽える
きっと それは生きているからこそ感じられる貴重な時間なのかもしれない それを改めて知れた作品でした。
「もう少し 頑張って 今のこの時を生きてみるか!」って気分になれました。

レビュー投稿日
2019年4月1日
読了日
2019年4月1日
本棚登録日
2019年4月1日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『終末のフール (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『終末のフール (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする