文明論之概略 (岩波文庫)

3.71
  • (40)
  • (21)
  • (73)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 562
レビュー : 34
著者 :
本≒人生さん 本<歴史>   読み終わった 

当時としては飛び抜けて開明的だったと思うが、今も読むべき古典なのかどうかは疑問だ。

ただ、明治の初め(出版は明治8年)に、日本のこれまでの歴史とその本質はまだしも、西欧の歴史と科学・技術の本質をこれだけ深く捉えていたかと思うと驚きを禁じ得ない。

内容よりも、その姿勢を学ぶべきだろう。クリティカルライティング(orシンキング)の見本だ。

・P224:日本の宗旨には、古今、その宗教はあれども自立の宗政なるものあるを聞かず。

レビュー投稿日
2018年6月6日
読了日
2018年6月7日
本棚登録日
2018年6月6日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文明論之概略 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『文明論之概略 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする