まぶた (新潮文庫)

3.37
  • (100)
  • (248)
  • (548)
  • (68)
  • (9)
本棚登録 : 2250
レビュー : 262
著者 :
本≒人生さん 本<文学>   読み終わった 

奇妙で、面白いという印象から、「バックストローク」から圧倒を抱き始めた。詩人の卵巣、リンデンバウム通りの双子も圧倒的。死に触れるからこそ生を感じる。喪失、欠損から、いま、ここがあることが分かる。だから文学は偉大だ。

レビュー投稿日
2015年12月10日
読了日
2015年12月10日
本棚登録日
2015年12月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『まぶた (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『まぶた (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする