“西洋美術史を学ぶ”ということ

3.88
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
制作 : 喜多崎親 
本≒人生さん 本<芸術>   読み終わった 

西洋美術史は役に立つか?というところから、そもそも人文系で学問は何かを明かす好著。

シンポジウムの内容をまとめた小冊子。

学問することにはpurenessがある、なければならない、という言葉にハッとする。実用的=手段的だが、そもそもその手段を使って、どんな生を享受したいのかが重要だと思った。

西洋と日本の違いも相変わらず興味深い。

リベラルアーツ教育と細分化された学問の中で普遍的な手法を体得する教育の対比も面白い。

レビュー投稿日
2015年5月25日
読了日
2015年5月25日
本棚登録日
2015年5月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“西洋美術史を学ぶ”ということ』のレビューをもっとみる

『“西洋美術史を学ぶ”ということ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする