日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く (講談社+α新書)

3.69
  • (8)
  • (33)
  • (28)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 265
レビュー : 33
制作 : 小里 博栄  花輪 陽子 
hiroo1969さん 教養   読み終わった 

今日の高湿度のように、読後感はあまりよくない。前半は日本の“衰退”をこれでもかというくらい「警告」されてる。
「50年もすれば日本は考えられないほど衰退している(p20)」
「私が日本に住む10歳の子どもであれば、一刻も早く日本を飛び出す(p24)」
「自宅を購入しているのであれば、売却して海外に移住(p67)」とまで!
21世紀の覇権国家となる中国、北朝鮮の若きリーダーの高評価、日本人よりマシな韓国人のオープン気質、投資先としてのロシア。歴史学も学んだ「世界的投資家」が見る将来は、説得力があり、当たるんだろう。
歴史的に日本の“衰退”は納得。20世紀後半の数十年が特異だった。ただ、“衰退”はあくまで相対的なもの。情熱もって生きていけば個人も国も幸福になれるんだろう。
「金持ちになりたければ、中国語のツアーガイドを始めるべきだ(p89)」なんて書いてあった。
サボってる中国語の勉強を復活しなきゃ

レビュー投稿日
2019年8月16日
読了日
2019年8月16日
本棚登録日
2019年8月16日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人と...』のレビューをもっとみる

『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く (講談社+α新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ジム・ロジャーズの作品一覧

ジム・ロジャーズの作品ランキング・新刊情報

ツイートする