夏、君と運命の恋をするはずだった (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2020年7月16日発売)
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 1
4

帯で煽るほどは、泣きも感動もしなかった。いや、確かに感動的ではあるけども……。あまりにもとある一人の身勝手な行動がアレ過ぎて……どうにも……。


同じタイムリープものなら、講談文庫の時計塔の話の方が私は好み。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 角川文庫
感想投稿日 : 2022年2月8日
読了日 : 2022年2月8日
本棚登録日 : 2020年7月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする