勉強の哲学 来たるべきバカのために

3.75
  • (74)
  • (128)
  • (75)
  • (24)
  • (10)
本棚登録 : 1676
レビュー : 146
著者 :
ヤマスカさん 人文/思想モノ   読み終わった 

ノリの良いバカは勉強を通してノリの悪い小賢しい人間になり、またそのうちノリの良いバカになる。
ノリとはその場の環境が持っている「コード」を読むことでありその場その時で変化するし、勉強によるアイロニー、ユーモア、ナンセンスでその「コード」を乱していく。
なぜ乱すのか。より深く、より広く、根源へと向かうため。でも根源へと辿り着くことは出来ず、勉強を継続していくことが重要。

ゲンロンゼロの扱う観光客の一つの表れが本書での「勉強」であるかな、と思いつつ読みつつ、どう呼応するのか、しないのか、についてを「勉強」していこう、と思っている。
iPad proを買っていたのは良いタイミングだったけど、本はお風呂で読むことが多いから、どうやって勉強に取り入れるかも考えよう。

レビュー投稿日
2017年6月29日
読了日
2017年6月29日
本棚登録日
2017年4月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『勉強の哲学 来たるべきバカのために』のレビューをもっとみる

『勉強の哲学 来たるべきバカのために』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『勉強の哲学 来たるべきバカのために』にヤマスカさんがつけたタグ

ツイートする