美味しそうなお寿司。美味しいよね、食べたことある?と盛り上がる。次のページにネタだった魚が泳いでる。
知識を増やす事ができ、親子で楽しめる。

2019年10月26日

読書状況 読み終わった [2019年10月26日]

2019くもん推薦図書B
小さい頃に読んだが、大人になり読むと全く違う。
迷いこんでしまいそうな恐怖と、すごく壮大に感じでいた世界があまりにも小さく、可愛い恐怖だった。
我が子もこの不思議な魅力にハマっている。

2019年10月25日

読書状況 読みたい

ひげらっぱぷーと声に出して言いたくなる、親子で盛り上がれる名作!

2019年10月8日

読書状況 読み終わった [2019年10月8日]

パンツいっちょうの時点でもう子どもの心を鷲掴み。
絵は細かいところまで描いてあり、子どもの想像を膨らませてくれる。
終わり方も綺麗におとしてくれて「あー面白かったもう一回」となる絵本。

2019年10月7日

読書状況 読み終わった [2019年10月6日]

なんとも言えない不思議な言いまわしで、女の子の独特な背伸びした感じを表現されていて面白い。
読み聞かせしてあげるのも初めて読むと難しく、でもスムーズに読めると気持ちいい!
次へ次への展開で子どもも気持ちをグッと掴まれていた。

2019年10月7日

読書状況 読み終わった [2019年10月7日]

2019くもん推薦図書B

スイミー。この本も子ども頃読んだ時には壮大な大冒険を感じ、とても好きだった。
我が子にも読み聞かせでそう感じてもらえると嬉しい。

2019年10月25日

読書状況 読みたい

2019くもん推薦図書A
絵やたけのこに意思があるかの様な表現から少し怖い絵本なのかな…という印象をうけるが、そのたけのこの意思なのかは分からないが村人たちにとってこの長いたけのこがかけがえのない物になる。
何回も読みたいという絵本ではないけど心に残る。

2019年10月12日

読書状況 読み終わった [2019年10月12日]

2019年くもん推薦図書A
優しいお母さんとわんぱくな子どもたちのお話。
ザリガニとタガメの相打ちの描写は少々残酷。
スクラムなど分かりにくい言葉が気になる。

2019年10月9日

読書状況 読み終わった [2019年10月9日]

たこやきたち、一人一人の特徴が描かれているので、子どもはこの子が好きだな〜など絵を見て、想像して楽しめる絵本。
内容は単純で明快。

2019年10月6日

読書状況 読み終わった [2019年10月6日]

子どもがひとりで読んでくれる本。

2019年10月9日

読書状況 読み終わった [2019年10月8日]

普段口にしない音がたくさん出てきてリズミカルに読んでいるととても気持ちがいい。
音の繰り返しで子どもも笑顔になる。

2019年10月7日

読書状況 読み終わった [2019年10月7日]

2019年くもん推薦図書A
こんの「だいじょうぶ」という言葉にグググと子どもに戻るような感覚を味わえる。
子どもより、大人が子どもの頃の不安だった気持ちや、守られている安心感など懐かしい気持ちを楽しめる絵本。
終わり方も暖かくて、何度も読みたくなる。

2019年10月6日

読書状況 読み終わった [2019年10月6日]
ツイートする